インドへの道はここから始まったのか。
15世紀から17世紀にかけての大航海時代で、地中海から大西洋へと世界を広げた西洋の者共の急先鋒は、ポルトガルのエンリケ航海王子。彼がアフリカ西岸に到達し、その後バルトロメウ=ディアスが「喜望峰」へ、ヴァスコ=ダ=ガマがインドの「カリカット」に到達する。
そもそもの契機はマルコポーロの「東方見聞録」だと言われているが、本当だろうか?
Netflixにドラマがあるから、ハウスオブカードとベターコールソウルから卒業できたら(何度も見たくなる)、没入してみよう。しかし、調べてみるに、マルコポーロは何度か映画・ドラマの題材になっているようで、日本ではなんとアニメーションにもなっている。謎すぎる。
驚きだが、アーカイブスを探すのが面倒だ。

それから、ポルトガルのリスボンの話が出てきて、地震とヴォルテールの話を調べてみたら、ベンヤミンが子ども向けのラジオを1930年代にやっていたというのを知る。