『The Last Leaf』by O.Henry ⑧

ベアマン老人は、画家で、スーとジョーンジーの下の一階に住んでいました。
彼は60歳を過ぎていて、ミケランジェロのモーセ像のようなヒゲがあって、そのヒゲは森の神サテュロスの頭から小鬼の身体へと下に巻いて垂れ下がっていた。
ベアマンさんは、芸術家としての失敗者だった。40年もの間、彼は、芸術の女神の服の裾に触れるほど、近づくことができないままで、絵筆を振るってきた。
彼はいつも傑作を描くつもりでいたけれども、しかしまだ、手をつけることすらしていなかった。
ここ数年は、時々、商業や広告の方面で下手な絵を描くことを除いては、何も描いていなかった。
彼は僅かばかりの稼ぎを得ていた。プロのモデルを雇う支払うお金がない芸術家村の若い画家のためにモデルになることでもって。
ベアマンさんは、ジンに呑んだくれて、これからは自分は傑作を描くんだと話していた。
あとは、ベアマンさんは、厳しい小柄な老人で、人の気の弱さを酷く嘲笑い、そして自分のことを特別な番犬のマスティフだとみなしていて、階上のアトリエに住む若い二人の画家を守るんだ、と思っていた。