『The Last Leaf』by O.Henry ③

ある朝のこと、灰色のもじゃもじゃした眉をした、多忙な医者がスーを廊下に呼んだ。

「彼女が助かる見込みは、10にひとつでしょう」と医者は、体温計の水銀を振り下げながら、言った。「その見込みは、彼女が生きたいと思うことにあるんですよ。こんな風に、葬儀屋さんの側に整列をすることを人がしたら、どんな薬でも、馬鹿馬鹿しいものになってしまう。あなたのご友人のお嬢さんは、自分が良くならないと覚悟している。あの子が何か心にかけていることはあるだろうか?」

「あの子はいつか、ナポリマンの絵を書きたいと思っていました」とスーが言った。
「絵を描きたいだって?バカな!何かよく考えるだけの価値のあることは何か心にはないのかな?ーー例えば、男のこととか?」
「男ですって?」スーは、口琴、琵琶ボーン(jew's-harp)のような鼻声で言った。「男だなんて、そんな、先生、そういう話はありません。」

「それじゃぁ、それが弱点だな」医者が言った。「私は、科学ができることーー私の能力を通して滲み出る限りーー私の努力を通してできる限りーーは全てやるよ。だけれども、僕の患者が、自分の葬列に連なっている車の数を数え始めたならば、私は、病気に効くはずの薬の力から、50%を引くことになる。薬の効き目は半減になってしまうんだ。もしも、君がジョーンジーに、この冬にはどんな外套の袖が流行るのかというような質問をさせることができるなら、助かる見込みが10に一つから、5に一つに変わることを約束できるんだが」