『Cat in the Rain』by Ernest Hemingway ③

彼女は、ホテルのオーナーを好ましい人物だと思っていた、そう思いながらドアを開けて、外を見渡した。
雨は一層強く降っていた。

ゴムのカッパを着た男が空っぽの広場を渡って、カフェの方に向かって来ていた。

あの猫は、右手の方にいるだろう。多分ひさしに沿って行けるだろう。

入り口の方で立っていると、彼女の背後で傘が開いた。

夫婦の世話をするメイドだった。

「濡れるといけません」と彼女は笑いながらイタリア語で言った。

もちろんのこと、ホテルのオーナーが彼女を差し向けたのだった。

傘を彼女の上にさしかけながら、持っている状態で、妻が砂利道を自分たちの部屋の下に着くまで歩いて行った。

テーブルはそこにあった。雨に濡れて鮮やかな緑色を放っていた。だが、猫は去っていた。

妻は急に失望感を覚えた。

メイドは彼女を見上げた。

「何か無くされたのですか?」

「猫がいたのよ」と若いアメリカの娘が言ったのだ。

「猫でございますか?」

「そうよ、猫がいたの」

「猫ですか?」とメイドが笑った。「この雨の中、猫ですか?」

「そう、そこのテーブルの下に」

そして、こう言った。「あぁあの猫が欲しかったの。子猫が欲しかったのよ」

妻が英語を話すと、メイドの顔が怖がった。

「行きましょうシニョーラ」とメイドが言った。「中に戻らなくてはいけませんわ、濡れてしまいます」

「そうね」と若いアメリカ娘は言った。