Katherie Mansfield キャサリン・マンスフィールド 
『The Little Girl』
第14回(8)
【まとめ】
★漠然と「so big , giant」で「恐怖そのもの」だった父親が
 「紙事件」でその「恐怖」がさらに鮮明になるが、
 それは「実はnot so big」な父の体躯だし「自分の過ち」もあったし「そもそもいろんな父がいるし」「父は忙しく、その他人の父と比べてはいけない」と個別に物事を考えられるようになった。
 そして、キザイヤは「a big heart」な「かけがえのない父の存在そのもの」を「父の普段の見てくれや言動」から切り離して感じることができた。

・働きづめで疲れている父を思う。
・他人の父親と比べてはならないと思う。
・自分が父の紙を破いてしまったことを思い出す。
・肉体が思っていたより大きいわけではないと感じる。
・しかし、大きな心臓の鼓動を聴く。


【日本語訳】
 「どうしたんだ?」と父親が訊いた。
 「怖い人殺しが–––ナイフを持って–––おばあちゃまはどこ?」
 父親はろうそくを吹き消して、かがんで、両手に女の子を抱き上げて、それから、廊下を通って、大きな寝室へと連れて行った。
 ベッドの上には新聞が–––電気スタンドに半分吸いかけの葉巻が、倒れないように持たせ掛けてあった。
 父親は新聞を床に放り出し、葉巻を暖炉に放り込み、それから注意深く女の子を布団にくるんだ。
 女の子の脇に横になった。
 半分眠っているものの、あの恐ろしい人殺しの怖い顔がそばにあると思われて、女の子は父親にそっと寄り添い、頭を父親の腕の下に擦り寄せて、父親のパジャマの裾をしっかりと握っていた。
 
 そうすると、暗闇は、なんでもなくなった。;そして女の子はじっと寝ていた。
 「さぁ、お前の足を私の足に擦り付けて、暖めなさい」と父は言った。

 疲れ切っていて、女の子より先に寝てしまった。
 何か不思議な感覚が女の子におとずれた。
 可哀想なお父様!そんなに大きい方ではないわ。それに、誰もお父様の面倒を見てくれる人もいないのだし…
 お父様は、おばあちゃまよりはがっしりしているけれども、でもちょうどいい硬さをしているわ(心理的にも)…
 それに、お父様は、毎日働きに出なくちゃ行けないし、そして、お疲れになっているから、マクドナルドさんのようにはなれないわ…
 女の子は、父親の書いたあの美しい書き物を破ってしまっていたのだった(そのことを思い出していた)…
 女の子は突然身体をかすかに動かして、ため息をついた。
 「どうした?」父親が訊いた「また夢を見たのか?」
 「あのね」彼女は言った「私の頭が、お父様の心臓の上にあるの;動いているのが聴こえるの。お父様の心臓って、なんて大きいんでしょう、ねえお父様」



【重要表現】 
19:She had torn up all his beautiful writing.
torn は tear の過去分詞形。tear up「ビリビリに引き裂く」tear down「取り壊す」