*状態動詞(State Verb)たち・・・状態動詞の代表格は<be>。他に、①主体の意志を問題にしない一般の状態・状況を表す動詞、それから②意志を含まない主体の心理状態・知覚を表す動詞

111:I heard Rosalind singing a beautiful song while cooking .
heard(hear)は②知覚。次の366と同じように、SVO+原型不定詞を用いるのが知覚動詞だが、hearの場合は「Oがdoしているのが聞こえる」という《行為の途中だけ》を知覚するのを表す際は、doingを用いる。<I heard Rosalind sing a beautiful song .>だと『ロザリンドが美しい歌を歌ったのを聞いた』という一部始終を意味する。

追記:while〜は、主節と主語が同じなら、beと主語を省略できるそうだが、Rosalind〜が従属節だから、このwhile節は一体何節っていうの?まぁでも、whileは前置詞で用いることができないので、このwhileは接続詞だ。それほど深く考えなくていいか。それよりも、while節には主節の前にきたとき「…だけれども」という意味もある(although)。

366:I saw the car cross the road in front of me , and collide with a lorry .
saw(see)が知覚を表しているので、②の知覚。原型不定詞を用いる。SVO+原型不定詞!

追記:「そして〜だから〜」を言いたいときは、基本的に< , and ~ >を使っておけばいい。

370:This fountain pen belonged to my grandfather , and I always think of him when I use it .
fountain pen:万年筆 。①の状態動詞。