仮定法現在&仮定法過去
仮定法は「話者の想像=願望・仮定」を述べる。(命令法は「話者の意志=提案・要求・希望」)

<Word>
insiste:〜を強く主張する。要求する。
resign:辞職する(leave / quit / step down)
director:取締役、(映画などの)監督
detest:〜をひどく嫌う
decline:〜を丁寧に断る。(1)減少する。 

* quit (動)辞める
  quite (副)かなり
  quiet (形)静か

仮定法現在話者の提案要求を表す動詞に続く<that節>の中で用いられる。
244(13:態度・意見表明)
 :I insisted that he [should] resign as director.
   shouldはイギリス英語で仮定法現在の代わりに用いられる。まぁ訳を考えると、確かにそうだ。


仮定法過去:動詞の過去形を用いる。<was>よりも<were>を用いる。
       <If...過去形… …過去形助動詞原型不定詞
213(12:条件付け;却下条件)
 :Even if i detested them all , it would not prove that I was incapable of understanding Japan.
214(12)
 :If I were you , I would decline the offer.


 ◇理由のFor【11−6−1】
 21・He found it increasingly difficult to read , for his eyes were failing.